イングリッシュマフィン

マフィンには大きく分けてイングリッシュマフィンとアメリカンマフィンがあります。イングリッシュマフィンは丸い型で焼いたパン、アメリカンマフィンはカップ型のマフィンです。イングリッシュの方は洋菓子というよりも朝食などで食べる軽食といった方が良いかもしれません。ファーストフード店などでもハムや卵を挟んだものが販売されています。お菓子のレシピ本に掲載されているのはアメリカンの方です。私はイングリッシュもアメリカンのカップ型のお菓子も両方好きで、しょっちゅう食べています。私はイングリッシュマフィンは作ったことがないのですが、レシピは探せばあると思いますので、レシピに興味がある方は探してみてください。あのもちもちした食感を自宅で再現できたら嬉しいですよね。あの、表面が粉でざらざらしているところも好きです。私はパンをトースターで焼かないで食べるのが好きなので、スーパーなどで袋に入っているものを買った場合はそのままハムやレタス、チーズなどをはさんで食べています。食パンに比べて価格が高いので、もう少し安いと嬉しいですね。
| muffin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。